地方点描:静かな登山[能代支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 新型コロナウイルスに伴う移動の自粛で、今年の能代山本地域の山開きはどこも簡素だった。緊急事態宣言が解除された後も、県外の登山客の姿はほとんど見掛けない。いつになく静かな登山シーズンの始まりとなった。

 白神山地にある藤里町の藤里駒ケ岳の山開きも、地元の秋田白神ガイド協会と役場職員の参加のみ。神事と登山道の修復を兼ねて行われた。登山道も一冬越せば木が倒れて道をふさいだり、もろい斜面が崩れたりと悪くなってしまう。登山客の多い少ないに関係なく、安全に歩けるための維持作業は欠かせない。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 626 文字 / 残り 385 文字)

秋田の最新ニュース