季節の味、今年も 男鹿でマダイ水揚げ盛ん、月末まで「まつり」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
水揚げされたマダイを仕分ける漁業関係者=5日午前8時45分ごろ、男鹿市の椿漁港
水揚げされたマダイを仕分ける漁業関係者=5日午前8時45分ごろ、男鹿市の椿漁港

 秋田県男鹿沖でマダイの水揚げが行われている。5~6月が漁の最盛期で、5日は大型定置網「大謀網(だいぼうあみ)漁」で約6トンが水揚げされた。男鹿市内のホテル、旅館では今月末まで、地元産マダイを使った料理を提供する恒例の「男鹿の鯛(たい)まつり」が行われている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 454 文字 / 残り 324 文字)

秋田の最新ニュース