ニュースの「つぼ」:小坂町の新「道の駅」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小坂町の新たな観光拠点施設の建設場所。奥には十和田湖の水面が見える
小坂町の新たな観光拠点施設の建設場所。奥には十和田湖の水面が見える

 小坂町が十和田湖和井内地区に道の駅としての登録を見込む観光拠点施設を建設している。建物、駐車場、内装などを順次整え、2023年に道の駅全体のオープンを目指す。町は施設を核に十和田湖周辺だけでなく、中心部にも客を呼び込みたい考えだ。旅行ニーズが多様化する中、どれだけ利用者にとって魅力ある施設にできるかが誘客の鍵を握りそうだ。

 施設は木造平屋建て756平方メートルで建設費は3億3660万円。休憩、飲食、土産物販売、道路情報提供、観光情報案内の各スペースを設ける。和井内地区は十和田湖周辺での秋田県側の玄関口に位置する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1074 文字 / 残り 814 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース