新宿のビル屋上で養蜂、横手市出身の柴田さん【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
新宿のビル屋上での採蜜作業=5月31日
新宿のビル屋上での採蜜作業=5月31日

 東京の新宿御苑近くにあるビルの屋上で、秋田県横手市出身の柴田邦夫さん(81)が養蜂に取り組んでいる。4月中旬から始まった今季の採蜜作業は最終盤に差し掛かっており、集めた蜜は百貨店へ販売。柴田さんは「今年も癖のないすっきりした味わいの蜜が採れている」と笑顔を見せる。

 養蜂を手掛けたのは、ミツバチの大量死が各地で多発していることを知ったのがきっかけ。ネオニコチノイド系農薬の使用との関連が指摘されており、「ミツバチの生息できない環境は人間にとってもいい環境とはいえない」との思いを強くした。都会のど真ん中から環境保全の大切さを訴えたいと、自身が会長を務めるビル管理会社の社員や仲間に呼び掛け、新宿のビル屋上で2017年からミツバチを飼い始めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 959 文字 / 残り 637 文字)

秋田の最新ニュース