祭神Tシャツで疫病退散! 東湖八坂神社の御利益ヒントに

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東湖八坂神社祭神の疫病退散の御利益にあやかろうと作られたTシャツ
東湖八坂神社祭神の疫病退散の御利益にあやかろうと作られたTシャツ

 秋田県潟上市天王の東湖八坂神社にちなんだTシャツを、市内の印刷会社クイック(伊藤正人社長)が10日から売り出す。疫病退散の御利益があるとされる神社の祭神スサノオノミコトにあやかり、新型コロナウイルス収束を願った絵柄をプリントした。販売収益の一部は医療福祉関係団体に寄付する。

 疫病をはらうとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」に注目が集まる中、伊藤社長(52)は、東湖八坂神社の祭神スサノオノミコトにも疫病よけの御利益があることに着目。「地元の神社や神様にも改めて目を向けてもらいたい」と考え、神社にTシャツ製作の企画を持ち掛けた。

 クイックのホームページで注文を受け付けているほか、10日からは天王グリーンランドの物産コーナー「食菜館くらら」でも販売する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 565 文字 / 残り 237 文字)

秋田の最新ニュース