秋田北高女子ソフトテニス、小玉帆夏・萌夏ペア 本音言い合い技術磨く

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ペアを組み戦ってきた姉・帆夏(右)と妹・萌夏
ペアを組み戦ってきた姉・帆夏(右)と妹・萌夏

 顔も声もうり二つ。秋田北高女子ソフトテニス部3年の小玉帆夏(ほのか)と萌夏(もえか)は一卵性の双子姉妹。ダブルスを組み、コート上では、心強い仲間として一緒に戦ってきた。

 「個人と団体でインターハイに出る」。今年の元日の朝、2人は何をするよりもまずテニスノートに今年の抱負を書き込んだ。チームは昨年のインターハイに個人と団体で出場し、2人は応援部隊として会場で声援を送った。肌で感じた全国大会の雰囲気に胸が高鳴り、自分たちも選手としてこの舞台に立ちたいと思いを強くした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 902 文字 / 残り 667 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース