県コロナ対策事業をみる(4)観光業 関連団体の連携支援

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田犬ツーリズムのホームページ。大館市にある観光交流施設「秋田犬の里」の秋田犬ミュージアムを紹介する画面
秋田犬ツーリズムのホームページ。大館市にある観光交流施設「秋田犬の里」の秋田犬ミュージアムを紹介する画面

 「観光関連の事業者は軒並み厳しい状況だ」。大館、北秋田、小坂、上小阿仁の4市町村でつくる地域連携DMO(観光地域づくり法人)・秋田犬ツーリズムの阿部拓巳専務理事(55)は危機感を募らせる。

 秋田犬ツーリズムは知名度の高い秋田犬を生かし、4市町村の温泉や食などを発信している。4、5月は観光施設のほとんどが休業したため、団体客の観光が軒並みキャンセルとなり、観光客の姿はほとんど見かけなくなったという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 932 文字 / 残り 731 文字)