県コロナ対策事業をみる(5)県産加工食品 県外への送料を補助

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
稲庭うどんやきりたんぽなどを販売している秋田まるごと市場=秋田市卸町
稲庭うどんやきりたんぽなどを販売している秋田まるごと市場=秋田市卸町

 「どう売ればいいか分からない」。もろこしやまんじゅうなどを中心に製造、販売しているフジタ製菓(秋田市牛島東)の藤田円取締役は、観光地や土産物店に客足がなかなか戻らない中、販売方法に頭を悩ませている。

 同社は3月下旬から徐々に売り上げが落ち始め、4、5月は前年より6割ほど減った。最盛期という夏場も竿燈まつりの中止などで厳しい見通しだ。ネット販売に力を入れる業者もあるが、同社製品の購買層は高齢者が中心で、すぐには効果が期待できないという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 934 文字 / 残り 714 文字)

秋田の最新ニュース