小舟の軌跡くっきりと 収穫最盛期のジュンサイ沼【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
緑の葉をかき分けて進む小舟の軌跡が浮かび上がったジュンサイ沼=10日午後(小型無人機で撮影)
緑の葉をかき分けて進む小舟の軌跡が浮かび上がったジュンサイ沼=10日午後(小型無人機で撮影)

 秋田県三種町が生産量日本一を誇るジュンサイの収穫作業が、最盛期を迎えている。夏空が広がった10日、小型無人機ドローンで上空からジュンサイ沼を見下ろすと、水面を覆う緑の葉っぱをかき分けて進む小舟の軌跡が模様のように浮かび上がった。

 阿部農園(同町志戸橋)の沼では、代表の阿部正子さん(73)をはじめ摘み手5人が朝から作業に精を出した。陽光にきらめく沼に小舟で繰り出すと、手際良く水中のジュンサイを収穫。ゼリー状のぬめりに包まれた緑の若芽を次々と摘み取った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 571 文字 / 残り 343 文字)

秋田の最新ニュース