大潟村、コロナ対策に3321万円 教育長に北林氏を再任

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大潟村村議会は11日、6月定例会を開会。提出案件は20年度一般会計補正予算案など18件。このうち北林強教育長(70)の再任案に同意した。会期は16日まで。

 同補正予算案は3760万円で累計38億5153万円。村独自の新型コロナウイルス経済対策として3321万円を計上した。村産加工品を取り扱う事業者が2割引きで販売し、その値引き分を補助する事業に503万円、プレミアム付き飲食券発行事業に962万円、村内宿泊施設への宿泊時に1泊2千円を補助する事業に1005万円など。感染拡大で中止・延期となった中学生のデンマーク派遣関連事業費、東京五輪観戦旅行開催事業費などを減額した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 406 文字 / 残り 116 文字)

秋田の最新ニュース