「生グソ」持ち帰りOK 秋田市・広栄堂のかき氷、混雑回避で

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
テークアウト用の容器に入った「生グソ」と菊地店主
テークアウト用の容器に入った「生グソ」と菊地店主

 「生グソ」こと生グレープフルーツソフトかき氷が名物の菓子店・広栄堂(秋田市南通みその町、菊地政実店主)は今月、かき氷のテークアウト販売を始めた。週末やお盆は店内が満員になるため、混雑を回避し新型コロナウイルス感染拡大を防ごうと導入を決めた。

 同店は今月4日、かき氷の販売を開始。テークアウトも同時に始めた。容器代30円を追加で払えば、約40種類のかき氷全てが持ち帰りできる。店の近くや車の中で食べることを想定している。

 営業時間は午前10時~午後6時。月曜定休。かき氷は9月末まで販売する。問い合わせは同店TEL018・832・5736

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 551 文字 / 残り 282 文字)

秋田の最新ニュース