小坂高男子バスケ、伊東聖敬 「後輩と1勝」願い練習

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
シュート練習に取り組む伊東
シュート練習に取り組む伊東

 「さあ先輩、走れー」。小坂高男子バスケットボール部が練習を行う同校体育館に、杉沢政監督の大きな声が響く。ハッパを掛けられているのは、唯一の3年生伊東聖敬(まさたか)。監督からのボールを必死に追い掛け、リングに押し込んだ。

 部員は大館市の城南小4年で競技を始めた伊東のほか、2年生6人。そのうち3人は高校から入部し、中学での経験者も主力ではなかった。それでもバスケが好きで続けている。今はパスやシュートなど、基礎練習に時間を費やしており「教えがいがある子たち」と監督は語る。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 774 文字 / 残り 537 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース