県コロナ対策事業をみる(7)林業 経営、雇用維持後押し

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
白神木材流通センターに積み上げられた秋田杉の原木=10日、能代市久喜沢
白神木材流通センターに積み上げられた秋田杉の原木=10日、能代市久喜沢

 見上げるほど高く積み上げられた秋田杉の原木。木材産業が盛んな能代市の原木市場「白神木材流通センター」(同市久喜沢)には、新型コロナウイルスの感染拡大前に比べて3倍以上の原木が保管されている。

 センターは白神森林組合の施設。組合の金谷文彦・森林活用課長(47)は「原木がなかなか売れない」と話す。4月以降、合板メーカーや製材所向け木材需要の落ち込みが顕著になり、伐採した原木を出荷できずにいる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 973 文字 / 残り 776 文字)

秋田の最新ニュース