仕事のゲンバ:秋田今野商店(大仙市) 微生物に無限の可能性

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
無数の試験管が並ぶ秋田今野商店の研究室
無数の試験管が並ぶ秋田今野商店の研究室

 社内の一角にある研究室、ずらりと並んだ試験管には菌の名前が一つ一つ記され、奥では社員が顕微鏡を真剣な表情でのぞき込んでいた。大仙市字刈和野の秋田今野商店は、発酵食品の製造に不可欠な麹(こうじ)をつくるための「種麹菌」を生産・販売している。

 今野宏社長(63)は「麹菌がなければ、日本酒や焼酎、みそ、しょうゆ、みりんなどはつくれない。日本の食文化の『縁の下の力持ち』です」と話す。

(全文 2251 文字 / 残り 2061 文字)

この連載企画の記事一覧