羊毛を温泉水で手洗い 藤里のものづくり団体が作業【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
羊毛を丁寧に洗っていくメンバー
羊毛を丁寧に洗っていくメンバー

 秋田県藤里町産の羊毛を使ったものづくりに取り組む町民有志の団体「白神の里手作り工房」(菊地昇一代表)のメンバーら8人が16日、同町藤琴の町営温泉保養所跡地で羊毛の手洗い作業を始め、秋の加工に向けて準備した。

 町内には食肉用のヒツジの放牧場がある。これまで希望する町民に配っていた毛を有効活用しようと、昨年3月に手作り工房が発足。保養所跡で手洗いした羊毛でキーホルダーやブローチなどを作り、空き店舗を活用した「羊毛ハウス ちくちく」などで販売している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 624 文字 / 残り 398 文字)

秋田の最新ニュース