5都道県と往来、県が19日から緩和 県外観光は「徐々に」

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県は19日から、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の対象に最後まで含まれていた5都道県(北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川)との往来の自粛要請を解除する。県外への観光も同日から、「徐々に」という位置付けで容認。ただ、行き先の地域の感染状況に注意し、人と人との距離を確保するよう呼び掛けている。

 県は県境をまたぐ移動やイベントの自粛要請について、政府の基本的対処方針に沿い、段階的に緩和。県外移動については、第1段階として今月1日から、感染が比較的抑えられている41府県を対象に、出張や帰省での行き来を容認した。第2段階となる19日からは、5都道県との往来も認める。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 492 文字 / 残り 207 文字)

秋田の最新ニュース