角館のお祭り中止、仕方ないが… やり場のないさみしさ口に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年の角館のお祭り。最終日の夜には曳山同士の激突が各地で行われ、町が熱気に包まれた=昨年9月9日
昨年の角館のお祭り。最終日の夜には曳山同士の激突が各地で行われ、町が熱気に包まれた=昨年9月9日

 新型コロナウイルスの感染防止のため、仙北市角館町で9月7~9日に行われる「角館祭りのやま行事(角館のお祭り)」が中止となった。角館の暮らしの中心に存在する伝統行事。住民たちは新型コロナの収束が見通せない現状に「やむなし」と受け止めつつ、やり場のないさみしさを口にした。

 「感染すれば、命に関わる可能性もある。総合的に考えて中止は仕方ない」。七日町丁内で、曳山(ひきやま)運行の全てを取りまとめる正責任者の荒木大輔さん(39)は率直な胸の内を明かす。

(全文 846 文字 / 残り 621 文字)