アマビエで道行く人を元気に 湯沢の商店、車庫に描く

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「山内儀助商店」の車庫に描かれたアマビエ
「山内儀助商店」の車庫に描かれたアマビエ

 秋田県湯沢市田町の米穀・燃料販売「山内儀助商店」(山内雄司社長)の車庫に、疫病をはらうとされる妖怪「アマビエ」が描かれている。

 社員の山田俊哉さん(59)が先月、外壁(幅約10メートル、高さ約4メートル)のペンキを塗り直す作業をしていた際、後から塗りつぶすつもりで白いスプレーでアマビエの絵を描いたところ、山内社長から「せっかくなのでちゃんと描いてみては」と声を掛けられた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 299 文字 / 残り 111 文字)

秋田の最新ニュース