秋田の食:笹巻き 巻き方や形に地域色

会員向け記事
お気に入りに登録
笹巻き
笹巻き

 「笹(ささ)巻き」は、巻いたクマザサにもち米を詰め、イグサで縛って煮る郷土料理です。全国的には「ちまき」と呼ばれ、竹の皮などで巻く地域もあります。笹で巻いたものは秋田のほか、山形や新潟でも見られます。

 県内では田植えが終わった後、お嫁さんが「さなぶり休み」として里帰りし、骨休めをする風習があります。里に帰る時や嫁ぎ先に戻る時、手土産として持たされたのが笹巻きです。また旧暦の端午の節句では、お供えとしても使われてきました。砂糖を混ぜたきな粉をつけて食べるのが一般的です。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1414 文字 / 残り 1177 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース