乗り鉄日和 晩春の内陸線編(下)【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

午前10時35分、上桧木内駅から鷹巣行きに乗車した。秋田内陸縦貫鉄道に問い合わせた際、この時季はやはり田植え前に水を張った田んぼが沿線の見どころの一つだと教えてもらっていた。角館~羽後太田駅間、西鷹巣~鷹巣間などで田植えが迫っているという。


午後0時21分に西鷹巣駅到着。西鷹巣~鷹巣駅間で、0時33分鷹巣発阿仁合行きと1時7分鷹巣着の2本の列車を撮れると考えここで下車した。0時33分発の次の鷹巣発の列車は2時38分。撮影後にゆっくり昼食を取る時間もある。

■撮影場所探しには余裕が不可欠


しかし、西鷹巣駅周辺は思っていたより住宅が多かった。線路沿いを走る道路もなく、撮影場所探しは難航。とにかく線路に近付ける場所を見つけカメラを構えたが、手元の時計が遅れていたせいか、想定よりも早く列車が来てしまい、慌ててカメラの操作を誤った。ダメだ、ほとんど何も撮れていない…。

西鷹巣駅付近で列車の撮影に挑むが、思うような写真は撮れなかった=2020年5月16日午後0時35分頃

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1906 文字 / 残り 1525 文字)

秋田の最新ニュース