遠い風近い風[小嵐九八郎]コロナ以後への杞憂

会員向け記事
お気に入りに登録

 コロナ禍で世の中が騒然となり始めた2月下旬頃から「三密は避ける」という言葉が頭の中だけでなく、目ん玉の芯、耳の鼓膜、鼻の奥まで浸(し)み、刻み込まれ、こびりついてきた。

 もっとも、国の「三密」の正式な定義を知ったのは、もう品薄ではなく簡単に入手できるマスクが仕事場の郵便受けに6月初(しょ)っ端(ぱな)に入ってきて「密閉空間」「密集場所」「密接場面」と記してあったことからだ。

 それで、今後も幾度かぶり返しはあるだろうが、新型コロナウィルスに感染しなくなるのは、当方の無知ゆえの当てにならぬ予測では「国民の半分ほどが症状に重さ軽さの差があっても感染し、免疫力を持つ」、「ワクチンができる」、「有効な治療薬が開発される」頃のはず。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1297 文字 / 残り 982 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース