防衛相「住宅地の近さ」触れず 「新屋適地」評価うやむや【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
会談終了後、報道陣の取材に応じる河野防衛相(左)=県正庁
会談終了後、報道陣の取材に応じる河野防衛相(左)=県正庁

 住宅地に近い陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)をイージス・アショアの「適地」としてきたことをどう考えているのか―。

 21日に佐竹敬久知事らと県庁で会談した河野太郎防衛相は、配備計画停止の理由について、ブースターに関する技術的問題が判明したためだと説明。住民が問題視してきた住宅地との距離については触れず、配備候補地としたことに関する評価はうやむやなままだった。

 「防護範囲の観点から山口と秋田に配備するというのが最も効果的に、日本の国土全域を守ることができる。そういう中で、イージス・アショアの配備先を検討していこうということであったと理解している」

 会談後、報道陣の取材に応じた河野氏は、新屋演習場を配備候補地とした判断が適切だったかどうかについて明言を避けた。

(全文 1466 文字 / 残り 1135 文字)