「能代科学技術」の校名尊重を 能代西同窓会、県教委に要望

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
要望書を手渡す能代西高同窓会の山谷会長(右)と渡部副会長(中央)
要望書を手渡す能代西高同窓会の山谷会長(右)と渡部副会長(中央)

 秋田県能代市の能代工業、能代西の両高校の統合校を巡り、能代西高同窓会(山谷幸一会長)は22日、県教育委員会が決めた名称案「能代科学技術高校」を尊重するよう安田浩幸教育長に要望した。県教委はこの案を変更しない考え。

 要望書は、「能代科学技術」が県教育委員会や両校の教員、同窓会などによる数回の協議を経て絞り込んだ名前であることを強調している。

 校名を変更する県立高校設置条例改正案は、24日の県議会教育公安委員会で審議される見通し。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 563 文字 / 残り 347 文字)

秋田の最新ニュース