秋系821、「長く愛される名称に」 6月県議会一般質問

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県議会(資料写真)
秋田県議会(資料写真)

 6月秋田県議会は22日、本会議を開き、住谷達(自民)、薄井司(社民)、宇佐見康人(自民)の3氏が一般質問した。2022年度に市場デビューする県オリジナル新品種米「秋系821」の名称について、県農林水産部の佐藤幸盛部長は「市場で長く愛されるためには、奇をてらったものよりも、品種の本質を捉えた名称であることが重要だ」と述べた。

(全文 397 文字 / 残り 234 文字)