多彩な演奏の湯沢市民歌楽しんで 地元団体、SNSで公開

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
音楽のまちゆざわ推進協議会のフェイスブックに投稿された市民歌の演奏動画
音楽のまちゆざわ推進協議会のフェイスブックに投稿された市民歌の演奏動画

 秋田県湯沢市の音楽関係者などでつくる団体・音楽のまちゆざわ推進協議会(鈴木一会長)は、新型コロナウイルスの影響でコンサートなどが中止される中、幅広い世代が演奏する湯沢市民歌の映像をインターネットの会員制交流サイト(SNS)で公開している。7月からはコミュニティーFM局で児童生徒らの演奏を放送する。

 湯沢市民歌は、市内外の学校吹奏楽部やアマチュア音楽家が演奏。SNSのフェイスブックに設けた「音楽のまちゆざわ推進協議会」のページで、5月上旬から順次公開している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 843 文字 / 残り 611 文字)

音楽のまちゆざわ推進協議会のフェイスブックページ

秋田の最新ニュース