九十九島の歴史に理解深める 仁賀保高生、清掃活動も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
蚶満寺の山門で地元の歴史について学んだ
蚶満寺の山門で地元の歴史について学んだ

 仁賀保高校(小園敦校長、193人)の2年生64人が18日、秋田県にかほ市象潟町の国天然記念物・名勝の「九十九島」周辺で、ごみ拾いと地元の歴史学習を兼ねた野外活動を行った。地元のジオパークについて知る学習の一環。

(全文 462 文字 / 残り 356 文字)