アプリで農業人材マッチング JAあきた白神、1日単位で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
農家と求職者をマッチングできるアプリ「daywork」
農家と求職者をマッチングできるアプリ「daywork」

 JAあきた白神(本店秋田県能代市、佐藤謙悦組合長)は、7月からスマートフォンのアプリを使って1日単位の農作業を行うアルバイトの募集を始める。農家と求職者が簡単につながる仕組みとして、農繁期などの人材確保につなげてもらう考え。

 神奈川県の企業・カマクラインダストリーズが昨春公開した農業分野の求人アプリ「daywork(デイワーク)」を使う。県内では農業の人材不足が深刻化。あきた白神は能代市内で無料職業紹介所を運営し、生産農家と求職者のマッチングを行っているが、これまで1日単位の募集は行っていなかった。

(全文 784 文字 / 残り 531 文字)