湯沢翔北雄勝校・砲丸投げ、小野寺滉 1人で集中、記録伸ばす

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
繰り返し砲丸を投げる小野寺
繰り返し砲丸を投げる小野寺

 湯沢市下院内にある湯沢翔北高雄勝校のグラウンド。放課後になると、陸上競技部唯一の部員である小野寺滉(3年)が砲丸投げの練習をしていた。

 足止め板に背を向けて約2メートルのサークルの後方に立った小野寺は、左手で持った砲丸を左首に固定した。左脚だけで体を支える前傾姿勢から右脚を引き付けて投てきの準備をすると、右脚を振り上げて一気にサークル前方へ伸ばし、その勢いで砲丸を押し出すように投げた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 807 文字 / 残り 612 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース