どうしても花火あげ隊! 八郎潟町の有志が打ち上げ計画

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
手書きしたポスターを手にする佐藤隊長(右手前)ら八郎潟どうしても今年花火あげ隊のメンバー
手書きしたポスターを手にする佐藤隊長(右手前)ら八郎潟どうしても今年花火あげ隊のメンバー

 秋田県八郎潟町の有志が8月に町内で花火を打ち上げようと、今夏限定の実施団体を立ち上げ、23日から募金活動を開始した。団体名は「八郎潟どうしても今年花火あげ隊」。20~40代の11人で発足した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、町内外で夏の行事が軒並み中止となる中、佐藤友紀隊長(41)らメンバーは「楽しみが何もない夏にはしたくない」と意気込んでいる。

 花火は8月15日午後8時6分から、旧八郎潟小学校グラウンドで打ち上げる。時刻は町名にちなんだ。費用は30万円を目標に寄付金を募り、打ち上げは大仙市の小松煙火工業に依頼する計画。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 731 文字 / 残り 465 文字)

秋田の最新ニュース