ハピネッツ社、マスクを子育て世帯に NPO通じ贈る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
齊藤副理事長(左)にマスクを贈呈するハピネッツ社の水野社長とマスコットキャラクターのビッキー
齊藤副理事長(左)にマスクを贈呈するハピネッツ社の水野社長とマスコットキャラクターのビッキー

 バスケットボール男子Bリーグの秋田ノーザンハピネッツは23日、新型コロナウイルス感染拡大防止を目的にクラウドファンディング(CF)の支援金で製作したオリジナルマスクを、子育て世帯の支援などに取り組む秋田市のNPO法人・秋田たすけあいネットあゆむ(保坂ひろみ理事長)へ贈った。

 Bリーグが日本バスケットボール選手会と女子のWリーグと共同で企画したCFの一環で、ハピネッツ社はマスクが手に入らない人たちに活用してもらおうとプロジェクトを立ち上げた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 624 文字 / 残り 401 文字)

秋田の最新ニュース