イージス新屋配備反対の請願採択 県議会、「撤回」意見書も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新屋配備反対の意思表示を求める請願を全会一致で採択した県議会本会議=24日午後2時すぎ
新屋配備反対の意思表示を求める請願を全会一致で採択した県議会本会議=24日午後2時すぎ

 秋田県議会は24日、本会議を開き、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)に配備する計画への反対の意思表示を求める請願21件を全会一致で採択した。最大会派・自民党の意向により、同様の請願を6回連続で継続審査としてきたが、河野太郎防衛相が配備計画停止を表明したことを受け、姿勢を転じた。全7会派の県議が連名でまとめた「白紙撤回の決定」を政府に求める意見書案も可決した。

 請願、意見書とも6月議会最終日の来月7日の本会議採決を予定していたが、政府が撤回を決める前に県議会の意思を示すべきだとの声が一部の県議から上がり、日程を急きょ前倒しした。

(全文 988 文字 / 残り 700 文字)