洋上風力発電の経済効果2700億 秋田県が独自試算

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は24日、本県の港湾内と一般海域の計6カ所に洋上風力発電施設が建設される場合、県内企業が受注できる可能性のある額は計2691億円に上るとの試算を明らかにした。事業費の合計として見積もった1兆469億円の25・7%に相当する。

 県は最初に事業者が設定している出力規模から投資額(事業費)を算出。それを基に受注可能額を割り出した。

(全文 825 文字 / 残り 658 文字)