地上イージス配備を断念 国家安全保障会議で決定

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、河野太郎防衛相は25日、秋田、山口両県への配備を断念したと明らかにした。24日の国家安全保障会議(NSC)で決定したとし、「他の代替地を見つけることは極めて困難で、見通せない」と強調。その上で「地元の皆さまには大変ご迷惑をお掛けした」と改めて陳謝し、配備断念に関する地元説明を検討する考えを示した。今後の閣議で配備断念を正式決定する見通しだ。

 東京・市谷の防衛省で会見した河野氏は「山口県と秋田県で、これまでの配備候補地以外で候補地があるかどうか分析、検討したが、(見つけるのは)非常に困難」と説明。「レーダーと発射台を分けて配備する案も自民党内で出ている」との指摘に対しても、実現は難しいとの認識を重ねて示した。

(全文 815 文字 / 残り 476 文字)