時代を語る・伊藤次男(3)小学校では野球に汗

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
下川大内小4年のクラス写真(後列左端)=昭和26年
下川大内小4年のクラス写真(後列左端)=昭和26年

 下川大内(しもかわおおうち)小(現大内小)には生地がズック製で肩から提げるかばんで通いました。昭和20年代、ランドセルはまだ普及していなかったと思います。少なくとも小学校時代には見たこともありませんでした。

 下校すれば、かばんを家の玄関に放り投げ、遊びに行きました。勉強はほとんどしませんでした。親からも勉強しろとはあまり言われませんでした。時々家の手伝いを言い付けられました。田植えや稲刈りはその好例。棒を組み上げて刈り取った稲を天日干しする「はさ掛け」の光景が印象に残っています。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 786 文字 / 残り 543 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース