知事「県民の不安なくなった」 市長「最初の判断甘かった」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
イージス・アショア配備計画断念を受けて、取材に応じる佐竹知事(左)と穂積市長
イージス・アショア配備計画断念を受けて、取材に応じる佐竹知事(左)と穂積市長

 イージス・アショアの配備計画断念を受け、佐竹敬久知事は25日、県庁で報道陣の取材に応じ「県民の不安がなくなったのが一番よかった。この2年半は何だったんだろうという気持ちはある」と語った。秋田市の穂積志市長も市役所での取材に対し「住民の安全安心を確保できたということで、一定の評価はしたい」と述べた。

 佐竹知事は同日朝に河野太郎防衛相から電話連絡を受け、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)と同むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)に配備する計画について「断念した」と説明を受けたという。佐竹知事は「地上イージスを国内に配備することはもうないという話だった」と明らかにした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 758 文字 / 残り 476 文字)

秋田の最新ニュース