県産食材ふんだん、豪華食事でおもてなし 男鹿温泉郷7施設

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男鹿観光ホテルで用意する県産食材を使ったメニュー(株式会社SKO提供)
男鹿観光ホテルで用意する県産食材を使ったメニュー(株式会社SKO提供)

 男鹿温泉郷協同組合(秋田県男鹿市北浦湯本)に加盟する男鹿市のホテル・旅館7施設は、新型コロナウイルスの影響で消費が落ち込む県産食材を応援する取り組みを始めた。マダイや比内地鶏といった食材を宿泊時の食事メニューに盛り込んでいる。7月31日までの予定。

 新型コロナの影響で温泉郷は4、5月の宿泊客数が大幅に落ち込んだ。同様に打撃を受けた県産食材の消費拡大と、宿泊施設への誘客につなげようと取り組みを企画。各施設がそれぞれ、2~3種類の県産食材を取り入れたメニューを出す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 432 文字 / 残り 198 文字)

秋田の最新ニュース