地上イージス候補地の経緯、検証公表は未定 河野防衛相

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
河野太郎防衛相
河野太郎防衛相

 河野太郎防衛相は26日の閣議後会見で、配備を断念した地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、陸上自衛隊の新屋演習場(秋田市)とむつみ演習場(山口県萩市、阿武町)を配備候補地とした経緯について、検証して結果を公表するかどうかは未定だとした。「まだおしまいをどうするか、そこまで行っていない」と述べた。

 河野氏は23日、地上イージスの導入決定から配備計画停止に至るプロセスを「私として確認していきたい」と話し、検証する考えを示していた。

(全文 498 文字 / 残り 275 文字)