時代を語る・伊藤次男(5)本荘高でボート開始

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
琵琶湖(滋賀県)に漕ぎ出す本荘高端艇部員たち。手前右が作左部監督=昭和33年9月
琵琶湖(滋賀県)に漕ぎ出す本荘高端艇部員たち。手前右が作左部監督=昭和33年9月

 中学卒業後の進路について、父からは西目農業高(現西目高)の農業土木科(現総合学科)を勧められました。高校を出たら技術系公務員になることを想定していたようです。

 でも土木関係に興味はありませんでした。中学の友達は本荘高志望者が多く、本荘高のある本荘市(現由利本荘市)には町部への憧れめいたものも感じていました。「本荘へ行くよ」「そうか」。父から特に反対されることもなく、本荘高普通科に進みました。

(全文 759 文字 / 残り 561 文字)

この連載企画の記事一覧