コロナで開幕大幅遅れ ブラウブリッツ、うっぷん晴らす快勝

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今季初勝利を喜び合う秋田の選手たち=いわぎんスタジアム
今季初勝利を喜び合う秋田の選手たち=いわぎんスタジアム

 サッカー明治安田J3のブラウブリッツ秋田(BB秋田)は27日、盛岡市のいわぎんスタジアムで岩手との今季開幕戦に臨み、4―0で白星スタートを切った。新型コロナウイルスの影響で開幕が3カ月半以上ずれ込んだうっぷんを晴らすかのような圧勝劇。選手は勝利とともに試合ができる喜びもかみしめた。

 昨季8位からの巻き返しを図るBB秋田。前半27分、FW齋藤恵太選手が頭で先制ゴールを決めると7分後には2点目を挙げ、仲間と喜びを爆発させた。「(新型コロナが収束していない)このような状況でサッカーができ、しかも勝利に近づけたのがうれしかった。みんなでコロナに打ち勝てたような気持ちだった」

(全文 627 文字 / 残り 340 文字)