「サンドクラフトの塗り絵」コンテスト 三種町民対象に募集

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
町民の作品を募集しているサンドクラフトの塗り絵
町民の作品を募集しているサンドクラフトの塗り絵

 新型コロナウイルスの影響で今年は中止となった秋田県三種町の「サンドクラフトinみたね」のPRにつなげようと、町民有志や町でつくる実行委員会は、町民を対象にした砂像の塗り絵コンテストを行っている。昨年のメイン砂像を下絵にした応募用紙に色を塗ってもらい、今月末まで受け付ける。

 下絵は能代市生まれの砂像彫刻家、保坂俊彦さん(46)=東京都=が昨年手掛けた砂像。富を象徴するヒンズー教の神「ガネーシャ」を精巧に表現している。用紙は今月の町広報に挟み込んだ。応募は町商工観光交流課へ郵送する。

(全文 497 文字 / 残り 254 文字)