梅内聚落(二ツ井)が奨励賞に 大日本山林会の創意工夫表彰

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
二ツ井小の児童に枝打ちを指導する安井区長(左)
二ツ井小の児童に枝打ちを指導する安井区長(左)

 秋田県能代市二ツ井町の梅内(うめない)地区にある山林の管理、間伐材を使った燃料の販売をしている住民組織「梅内聚落(しゅうらく)」(安井重雄区長)が、全国の林業関係者でつくる公益社団法人・大日本山林会(東京)が選ぶ2019年度「林業経営『創意工夫』表彰」で奨励賞に選ばれた。県内団体の受賞は初めて。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 830 文字 / 残り 681 文字)

秋田の最新ニュース