竿燈会代表「川反元気づけたい」 小規模でも開催の道探る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
川反五丁目竿燈会の代表盛林さん=秋田市大町
川反五丁目竿燈会の代表盛林さん=秋田市大町

 「竿燈を上げて川反の飲食店を元気づけたい」

 秋田市大町の川反通りを拠点とする川反五丁目竿燈会の代表盛林正彦さん(66)は、新型コロナウイルスの影響で客足が遠のく川反に活気を取り戻すため、秋田竿燈まつりの代わりとなる小規模な祭りを開けないか考えている。

 竿燈会には飲食店の関係者や川反地区にゆかりのある人が多く所属する。毎年のまつりでは、大通りで本番を終えた後に地元で演技する「戻り竿燈」を川反通りで行い、大通りから流れてきた人や飲食店の客などでにぎわう。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1092 文字 / 残り 864 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース