大曲の花火、開催見送りを正式決定 「感染防止難しい」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
会見で大曲の花火の開催見送りについて説明する老松市長(右)と佐々木会頭
会見で大曲の花火の開催見送りについて説明する老松市長(右)と佐々木会頭

 秋田県大仙市や大曲商工会議所などでつくる「大曲の花火」大会委員会は29日、8月29日に予定していた第94回全国花火競技大会(大曲の花火)の開催を今年は見送ると発表した。新型コロナウイルスの感染防止が難しいと判断した。来年8月の大会を第94回大会とする。大会が行われないのは、戦後では大洪水があった1947年以来となる。

 大会委は市役所で、会長の老松博行市長をはじめ市幹部、副会長の佐々木繁治会頭ら商議所幹部計19人が出席して非公開で行われた。観覧会場の席数の縮小、検温、消毒などの感染対策も検討したが「会場外で感染や密集を防止するのは難しい」「会場内で具合が悪い人が出た場合、新型コロナ感染を前提に対処しなければならず難しい」との意見があり、満場一致で見送りを決めた。

 老松市長は「大仙市を代表するイベント。開催したい強い気持ちがあったが、命と健康を守ることを優先すべきと決断した」、佐々木会頭は「新型コロナが収束するかと思ったが、首都圏では感染者は増えている。大曲の花火を傷つけてはならないと判断した」と話した。

 大会委は、チケット販売と会場設営の準備に2カ月は必要とし、新型コロナの感染状況を見極めるために6月末に開催可否を判断するとしていた。

 開催予定だった8月29日には、事前に場所や時間を告知せずサプライズ花火を打ち上げる計画。10月下旬から毎週土曜日は、商議所がツアー客に打ち上げ花火を観賞してもらう企画を考えている。

 ただ、開催見送りによる地元の経済的打撃は必至。老松市長は市内の宿泊業や飲食業らに経営再興支援金を交付するほか、花火業者にも経済支援を行う方針を示した。

 大曲の花火は1910年に始まった。全国有数の競技大会として知られ、伝統的な10号玉の芯入り割物、独自のテーマを表現する自由玉と創造花火、昼花火の各部門で完成度や独創性を競う。昨年は県内外の業者27社が計約1万8千発を打ち上げた。主催者発表によると、全国から約75万人が訪れた。

秋田の最新ニュース