JAおばこ、卸会社との和解案承認 7億円返済時に5億免除

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JA秋田おばこ(資料写真)
JA秋田おばこ(資料写真)

 JA秋田おばこ(本所秋田県大仙市)は29日、第22回通常総代会を開き、宮城県のコメ卸売会社から約12億円の売掛金を回収できていない問題で、卸売会社が7億円を2033年度までに返済し、5億円は免除するとした和解契約の締結案を承認した。

 総代会は美郷町の千畑ライスターミナル倉庫で非公開で行われ、総代540人(書面266人含む)が出席した。

(全文 827 文字 / 残り 658 文字)