三セク岩城、3期連続で赤字1千万円超 新型コロナなど影響

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市の第三セクター・株式会社岩城(金森俊彦社長)の株主総会が29日、道の駅岩城で開かれ、1676万円の赤字となった2019年度決算などを承認した。1千万円超の赤字は3期連続。新型コロナウイルスの影響による売り上げ減や、人件費の増加が響いた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 394 文字 / 残り 267 文字)

秋田の最新ニュース