みこだって護身術は必要 湯沢署員、八面神社で防犯講習会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
護身術講習で腕の動かし方を練習する参加者
護身術講習で腕の動かし方を練習する参加者

 湯沢市駒形町の八面(やつおもて)神社(八河継美宮司)は28日、みこや女性神職を対象にした防犯講習会を同神社で行った。湯沢雄勝地域の神社などから8人が参加し、湯沢署員による講話や不審者対応の実践訓練、護身術の実技を通して身を守るための意識を高めた。

 講話では、同署管内で今年、女性へのつきまといや不審電話など犯罪につながる前兆事案が4件、ストーカーに関する相談が3件あったことが報告された。

(全文 492 文字 / 残り 297 文字)