地方点描:巨匠のすごみ[横手支社編集部]

お気に入りに登録

 さいとう・たかをさんの劇画「ゴルゴ13」(ビッグコミック、小学館)はストーリーのリアルさが特徴の一つ。ただ、リアルさを追求するあまり「おしかりを受けたことも随分ある」という。先日の高橋大横手市長とのオンライン対談で「もっと突っ込んで描きたい。むしろ描けないことの方が多い」と話していた。

 ゴルゴ13の主人公は国籍不明のスナイパー。世界各地で数々の難関をクールに突破し、完璧な仕事ぶりで依頼を成就させる。リアルさを追求するさいとうさんのこだわりが主人公の仕事ぶりに投影されていて興味深い。

(全文 640 文字 / 残り 396 文字)