来庁者の体温測るカメラ導入、秋田市の免許センター

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
サーモグラフィーカメラで来庁者一人一人の体温を確認した
サーモグラフィーカメラで来庁者一人一人の体温を確認した

 秋田市新屋の県警運転免許センターは1日、新型コロナウイルス対策として、サーモグラフィーカメラによる来庁者の体温測定を始めた。

 来庁者は案内に従って手指の消毒をした後、サーモグラフィーカメラの前を通過。職員がパソコンの画面で一人一人の体温を確認した。

(全文 410 文字 / 残り 285 文字)