コロナ第2波に備え政府検証会議 3密対策、外出自粛など効果分析

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナウイルス感染症対策の効果を検証する会議の会合で、あいさつする西村経済再生相(左上)、その右は黒川清委員長。奥の画面の右側は京都大の山中伸弥教授=1日午前、東京都千代田区
新型コロナウイルス感染症対策の効果を検証する会議の会合で、あいさつする西村経済再生相(左上)、その右は黒川清委員長。奥の画面の右側は京都大の山中伸弥教授=1日午前、東京都千代田区

 接触機会の8割削減など、政府が行ってきた新型コロナウイルス感染症対策の効果を検証する会議の会合が1日、東京都内で開かれた。第2波など次の感染拡大に備える狙いで、初回は本格始動に向けた準備会合。西村康稔経済再生担当相は冒頭「3密対策、外出自粛、休業要請などの効果を検証、分析していただきたい」と述べた。

 事務局の内閣官房によると、第三者の立場から検証してもらうため外部から研究を公募する。人同士の接触削減やマスク着用の効果を、人工知能(AI)やスーパーコンピューター「富岳」などで分析し、個人の行動変容や地域の医療体制に活用できるか検討する。