Vリーグ、県内で男女6試合予定 江畑、佐藤美らの試合も

お気に入りに登録

 日本バレーボールリーグ機構は1日、2020~21年シーズンのVリーグが10月17日に開幕すると発表した。女子1部は延期された東京五輪の日本代表強化優先のため、通常より1カ月以上早い2月21日にプレーオフ決勝を行う。昨季も五輪に備えて1月下旬で終了しており、2季連続で異例の短縮日程となる。

 本県では12月5、6日に女子1部の計4試合が組まれ、日本代表セッター佐藤美弥(聖霊高―嘉悦大出)やルーキー野中瑠衣(秋田北高出)が所属する日立や、ロンドン五輪銅メダルの江畑幸子(聖霊高出)が引っ張るPFU、北秋田市出身の中田紫乃(秋田北高出)が名を連ねる東レが試合を行う。来年3月20、21日には男子1部の計2試合が予定されている。会場はいずれも秋田市のCNAアリーナ。

(全文 533 文字 / 残り 201 文字)